2010/01/22

HDDスピーカーとシーク音

HDDからシーク音が出る理由が長い間の疑問だったが、それが解消したという話。

1. HDDスピーカー自作

HDDスピーカーそのものはYouTubeなどでは一つのジャンルを成していて、少し興味はあったが、作り方を調べるまで追求はしてなかった。それが、HDDスピーカー自作の同人誌「HDDスピーカーの作り方」が出ているという。


とりあえずYouTubeに出ている例を見ると、工作としてはボイスコイルモーター(VCM)のコイルに線を2本繋げるだけらしい。ということで、手許の死んだHDD(Travelstar 5K320)で試してみた。

VCMのコイルからは2本の線が出ている。それを辿っていくと、フレキシブルケーブルを通って、筐体外側のコネクタに繋がる。

コネクタにはPCBに接するピンが出ている。

PCBでは筐体側にある接点からビアを通してパターンが走っているので、その途中で古いイヤホンの線をハンダ付けした。極性は分からないので適当。なお、 5K320のPCBは練習で潰してしまったので、これは4K40のもの。

組み立て直したところ。別にPCBを切る必要はないが。
HDD Speaker: Backside

これでPCスピーカーのヘッドホン端子に繋ぎ、音量を最大にしてみる。

(曲はトラボルタさん作の「ココロ」)

正直、びっくりした。ちゃんと曲が聴ける。
  • VCM単体では音量は小さい。これを増幅するため、ヘッドをプラッタに落としたほか、下にボウル、上に計量カップを配置している。
  • 高音はそれなりに出るが、低音はない。音質は増幅のやり方次第で変わる。
  • アームは全く動かない(肉眼では)。ヘッドホンを見てもドライバーの振動は見えないのと同じだと思う。(ヘッドをランプにアンロードした状態から)ロードさせるだけの力が入力にない模様。
自分でやってみて、店頭展示について思ったこと。
  • 音量が小さいというのはある意味当然で、スピーカーをコーンもなくコアのドライバーだけで鳴らしているようなものだから。
  • アームの動きを見せるためにはVCMに音を増幅させるものを付けられないわけで、音と動きの両方を見せるには、複数台で共鳴板を追加した音係と、腕振り係を組み合わせた方がいいと思う。
2. HDDのシーク音

先日の機会に、HDDから音が出る理由の話になったとき、それはVCMが動くときに上下の永久磁石に磁力がかかって微妙に動くから(うろ覚え)という話をうかがった。

VCMがスピーカーのボイルコイルに由来することは知っていたが、それが実際に音を出すポテンシャルを持っていたことをこのHDDスピーカーで初めて認識した。つまり、VCMを駆動する力が、同時にスピーカーと同じ原理で音も発生させるわけである、おそらく。アームを動かせないような入力でも立派に曲が聴けるのだから。

ゆえに、HDDからシーク音が出る理由を訊かれることがあるとすれば、自信をもってこう答えればいい。

実はHDDの中に小さなスピーカーが仕込まれているんだ!

嘘ではないと思う。それとロード/アンロード音にも寄与しているはず。

[追記]

3.5インチでHDDスピーカーを作られたmisoさんの例(続続・HDDスピーカー)を見ると、VCMの方で曲が流れるのと同時に、ヘッドの方でガリゴリ音が出ているようなので、シーク音が発生するのはやはりヘッドの方かもしれない。

0 コメント :