2012/03/24

HGSTの残照

HGSTが売却前に発表した最後のシリーズの一つであるTravelstar 5K1000が出回り始めたので、確保した。

1. 1TBモデル

購入したのはリテールボックスの0S03509で、5K1000の1TBモデルになる。昨年の大洪水の後にタイで生産された製品ということで、少し「おっ」と思った。
型番容量
(GB)
製造
年月
ファーム
ウェア
重量
(g)
組立
工場
HTS541010A9E6801000.22012/248099タイ

外観は基本的に従来どおり(同じ個体の表裏)。
Travelstar 5K1000

CrystalDiskInfo(4.3.0)で見たところ。とくに変わったところはない。
Travelstar 5K1000: CrystalDiskInfo

これをThinkPad X61sに内蔵し、Windows 7 64bit上で計測。AHCIのドライバはIntel Rapid Storage Technology 10.1.0.1008。パーティションはない状態。

まずHD Tune Pro(5.00)で記録面を確認する。
Travelstar 5K1000: HD Tune Pro (Short stroke)

これは分かりやすい。4つの面の存在が認められる。2GBの結果を見ると、
Travelstar 5K1000: HD Tune Pro (Short stroke)
  • 3つの組で丁度2GBになるので、各組の長さは667MB、各面の長さは167MBの計算になる。5K500.Bではそれぞれ380MB、95MBだったので、75%ほど大きくなっている。

  • 速度は最高の面で119MB/s(SI接頭辞に換算後)、最低の面で112MB/s程度で、幅は6%ぐらいになる。
先頭10GBにパーティションを作り、CrystalDiskMark(3.0.1c)で見てみると、
Travelstar 5K1000: CrystalDiskMark

シーケンシャルアクセスでは114MB/s程度になる。

したがって、1TBで9.5mm厚の世代としては、サムスンのHN-M101MBB、Western DigitalのWD10JPVTと比べると、他の人によるベンチマーク結果を見た限り、おおよそ同程度と言えると思う。

念のため、HD Tune Proで全領域を通して見たのが以下。
Travelstar 5K1000: HD Tune Pro (Full and Partial test)

最外周と最内周の差は2倍程度で、HGSTのHDDでは見慣れた弧を描く。

一応ランダムアクセスも。
Travelstar 5K1000: HD Tune Pro (Random test)

以上、5K1000の1TBモデルがごく標準的なHGSTのHDDであることが確認できた。

2. 他の容量別モデル

さて、1TB以外のモデルとなると、5K1000は選択が難しいシリーズである。というのも、OEM Specificationを見ると、
  • 750GBモデルはヘッド数が「3/4」なので、3記録面問題がある。
  • 640GBモデルは記録密度が1TBモデルより落ちる。
  • 500GBモデルについて、既に流通しているにもかかわらず記載がなく、性能の手がかりがない。可能性としては1プラッタ2ヘッドか、2プラッタ3ヘッドがあり得る(4ヘッドの可能性は、640GBモデルが3ヘッドである以上、除外していいと思う)。
問題は750GBモデルが4ヘッドの場合と、500GBモデルでは2ヘッドであれば何の問題もないが、もし3ヘッドの場合はどうなるかということにある。

というわけで、個人的に推測してみたのが以下の表。
容量
(GB)
プラッタ
/ヘッド
記録面
当たり容量
線記録密度
(最大)
トラック密度
(最大)
面記録密度
(最大)
容量
(GB)
250
との
密度
(KBPI)
1825
との

[c]
[c]と
[b]の
密度
(KTPI)
380
との

[d]
[d]と
[b]の
密度
(Gbit
/sq-
inch)
694
との

[a]
[a]の
平方根
[b]
10002/425011825138016941
7502/4188
[1]
0.75
[2]
1637
[11]
0.90
[10]
1.04
[8]
318
[11]
0.84
[10]
0.97
[8]
521
[11]
0.75
[3]
0.866
[9]
2/325011825138016941
6402/32130.8517230.94
[4]
1.04
[7]
3350.88
[4]
0.97
[7]
5770.83
[5]
0.912
[6]
5002/3167
[1]
0.67
[2]
1543
[11]
0.85
[10]
1.04
[8]
300
[11]
0.79
[10]
0.97
[8]
463
[11]
0.67
[3]
0.816
[9]
1/225011825138016941
(注)マーカーの部分が推測によるもの。小数点付きの数字は実際にはもっと高い精度で計算しているので、通して計算すると合わない。
  1. まず750GBモデルの4ヘッド、500GBモデルの3ヘッドの場合について、容量とヘッド数(=記録面数)から記録面当たり容量を求め[1]、それと1TBモデルの記録面当たり容量である250GBとの比を求める[2]。この比は面記録密度における1TBモデルとの比と基本的に一致すると考えることができる[3](640GBモデルでは0.02のズレがあるが……)。

  2. 面記録密度における比は1TBモデルのプラッタからどれだけ密度が落ちているかを示すが、この落ちた分を線記録密度とトラック密度に反映するために640GBモデルについて検討する。

    640GBモデルでそれぞれ線記録密度とトラック密度における比を求めると[4]、落ち方は同じでない(トラック密度の方が大きく落ちている)ことが分かるので、面記録密度における比[5]からその平方根を求め[6]、これと線記録密度とトラック密度における比との比を求める[7]。

  3. この比が問題の場合にも当てはまると仮定し[8]、これと面記録密度における比の平方根[9]から線記録密度とトラック密度における比を求める[10]。

  4. 最後にこれらの比から線記録密度、トラック密度、面記録密度を求める[11]。
とくに知りたかったのは線記録密度における1TBモデルとの比で、基本的にシーケンシャルな速度は線記録密度に比例すると考えられるので、1TBモデルの速度を115MB/sとすると、これから以下のように計算できる。
  • 750GBモデルの4ヘッドの場合: 115×0.90≒103 (MB/s)
  • 500GBモデルの3ヘッドの場合: 115×0.85≒97 (MB/s)
ただ、例によって個体差でこれから10MB/sぐらいは上下すると思う。したがって、実際の個体では、波形を見て記録面を調べるか、500GBモデルの場合は重量でプラッタ数は判別できるだろうから、そちらの方がすっきりするとは思う。

3. 最後に
Travelstar 5K1000

さる3/9に日立はHGSTのWestern Digitalへの売却完了を発表した。これに伴ってWestern Digitalは3.5インチ事業の一部を東芝に売却し、またサムスンのHDD事業もSeagateに売却されたので、今後は2.5インチ、3.5インチとも残る三社が競争する時代になる(さすがにこれ以上は独禁法の関係で減らないだろうが、純粋に競争で脱落する社が出た場合はその限りでない)。

IBMから日立に売却されたときは、看板の掛け替えだけで実質的に存続したのはIBMのHDD事業だったが(ということもあって、個人的には「日立」ではなく「HGST」と呼んでいた)、今回はWestern Digitalも十分なラインがあるので、HGSTのラインは当面は残るにしても、いずれは消えるのだろうと思う(エンタープライズ向けはともかく、コンシューマ向けは)。

個人的には、初めて買ったPCに入っていたのがCaviarで、しばらくそのシリーズを使っていたし、トラブルがあったのは3.5インチの方なので、Western Digitalに抵抗感はない。最近はHGSTが多かったが、元々HDDメーカーに強いこだわりがあるわけでもない。スピンドルモーターがボールベアリングだった時代の末期はどこも等しく騒音がひどかった。あの時代にあのような製品を、競争とはいえ平気で生産していたメーカーは企業としてどうかと思う。

一方、HGSTはIBM時代から細かい情報を割と気前よく公開していて、その面では他社と段違いだったので(Western Digitalはその面では最低)、それがなくなると自分のような計算はできなくなる。もっとも、ゾーンごとのセクタ数が云々とやっていたのは自分ぐらいだろうが……。いや、むしろ公開されてないからこそユーザーが持てる手段で調べる必要が出てくるのかも……。そもそも、HDDの細かい性能差など今時そんな真面目に追求するものでも……。どっちだ。

2012/03/17

Windows 8 CPに関する諸点

Windows 8 Consumer Preview(CP)を二週間ばかり使ってきての気づき。

1. UI

Windows 8といえばMetroだが、従来のデスクトップも細かい改良を受けていて、それが気に入って常用している。開発環境もこちらに移行した。

リボン化されたエクスプローラだが、リボンの出し入れはクリック1回だし、クイックアクセスツールバー(タスクバーに配置できるアイコン)もあるし、Windows 7の機能を絞り込んだものに比べて便利になっていると思う。シンプルさと各機能へのアクセスのしやすさはトレードオフの関係にあるが、後者に振っている。

日本語版の標準フォントはメイリオUIなので、Windows 7のメイリオより字間が詰まって、凝縮感が高い。これには初め違和感があったが、慣れた。

それから、Windows 7では残っていたビットマップフォントが消えて、すべてアウトラインフォントに変わっている。これは、しばらくWindows 8を使っていてWindows 7に戻ると古臭さを感じてしまう部分。

まあMac OSはとっくにそうなっているが(個人的にあのフォントはボケ度が強すぎるが)、ともかく新しいiPadのRetinaではないが、高精細な画面でUIがDPIから完全に、一片の曇りなく独立した世界が早く来てほしい。最近のノートPCの画面は細かくなる一方で、ついて行けるか個人的に不安を感じているので、割と切実である。


一応の情報として書いておくと、
  • 64bit日本語版をThinkPad X61sにインストールしたが、ドライバーはすべてIn BoxかWindows Updateで出てきたもので賄われたので(TrackPointや省電力ドライバー(ThinkPad PM Device)含め)、別途Windows 7用を当てる必要はなかった。

  • 安定性の面は基本的に問題ない。ハイブリッドスリープをオンにしたときにサスペンドからの復帰に失敗したりしたことがあったが、これはハードウェア依存の問題(ドライバーなど)かもしれないので、とりあえず措く。

  • スタートメニューがない点は、(その良し悪しは別として)ショートカットキーでカバー可能。Windowsキー+Qでアプリの検索画面が出て、これが実質的にスタートメニューの代用になり得る。


  • ファイルの上書きコピー時に、その確認を求めるダイアログが一番上に来なくて、タスクバーのエクスプローラから拾い出さないといけないことがある。
とりあえず単体で使う分には不満はない。

[追記]

スタートメニューについて、カーソルを左下に移動して「スタート」の窓が出た状態で右クリックするとメニューが出るとのこと。いかにも管理用に使いそうなものが揃っている。

これなら、使い勝手的には十分な気がする。

[参考]
山市良のえぬなんとかわーるど: Windows 8 Consumer Preview > スタートメニューっぽいやつ

2. Windows To Go

Developer Previewと同じ方法でWindows To Goが作成できた。USBケースに入れたMSD6000では引き続き問題なし。USBメモリのGH-UFD3-32GFではIEでもインターネット接続ができるようになったが、Windows Updateができない部分は相変わらず。リムーバブルデバイスとして認識されることが問題の元かもしれないと思うが、原因不明。

3. Windows 7とのCHKDSK問題

場合によっては、割と致命的な問題。Bug Report - Serious filesystem corruption and data loss caused to other NTFS drives by Windows 8 CPのとおりで、自分を含めて6件(3/17現在)の報告があるので、まれな現象ではないと思う。

自分の経験したところでは、Windows 7とマルチブートで同居させていると、Windows 7で作成したパーティション(NTFS)をどこか改変してしまうらしく、Windows 7を走らせたときにブート時の自動CHKDSKがかかる。それで済めばいいが、修復に失敗することもあり、また逆に、Windows 7のCHKDSKがWindows 8のパーティションにかかると、今度はWindows 8のブート時の自動CHKDSKがかかって、これも修復できずにブート不能になることがある。

(注)実はDeveloper Previewでも同様の現象はあったが、再現性がよく分からなかった。ついでに、Windows 8 CPで自動CHKDSKがかかると、インストールしていたVisual Studioが起動不能になることがある。起動に関係する何らかの情報が書き換わってしまったのではないかと思うが、これも不明。

状況的には、NTFSとそれを扱うCHKDSKについて互換性に問題があるのではないかと疑わせる。このままRTMまで行ってしまうと、各所で悲鳴が上がりそうだが……ファイルシステムに関わるだけに、残された期間でMicrosoftが解決できるか、個人的にはやや悲観的。そもそも社内テストで見つからなかったのか、とも思うし。

ともあれ、対処療法的にブート時の自動CHKDSKを抑止する方法はあって、レジストリの"HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager"の"BootExecute"というキーで、"autocheck autochk *"に/kオプションで除外するパーティションのドライブレターを挿入するというもの。


ただ……Windows 7とWindows 8 CP双方で互いのパーティションを自動CHKDSKから除外するよう設定してみたが、それでもWindows 8では除外しておいたパーティションに自動CHKDSKがかかることがあったので(丁寧なことに、その後にレジストリを見ると設定したオプションが消えていた)、効いているのか怪しい。

ということで、自分の環境ではこの設定をした後は一応安定しているが、Windows 8 CPは仮想環境で動かすか、それ専用のPCを当てた方が無難ではある。

[追記]

おそらく同じ問題に対して、Windows 8の高速スタートアップに関係があるのではないかという説がMicrosoft Answersで出ていた(マルチブート環境にWindows8CPをインストールしてコールドブートするとCHKDSKが実行される)。

確かに、通常OSを終了する際にクリアされるダーティビットが高速スタートアップのためにクリアされないのであれば、次回ブート時にCHKDSKが自動起動することは説明できる。ただ、問題はCHKDSKが実行された結果OSがおかしくなることでもあるので、それだけの問題ではないと思う。

4. アクティブの切り替え

上記の問題があり、マルチブートするにしてもできるだけ環境は切り離したいので、古典的にWindows 7とWindows 8 CPのパーティション間でアクティブを切り替える方法をとっているが、これを簡単にする方法について。OS標準のDiskPartはスクリプトが使えるので、これをバッチファイルで実行する。
  1. DiskPartのスクリプトファイルを作成する。先に手動でDiskPartを使ってアクティブにするパーティションのdisk番号とpartition番号を確認しておき、それを手動でアクティブにするのと同じ内容を書けばいい。以下は"disk 0"の"partition 1"が目的のパーティションだった場合。ファイル名はここでは「script.txt」とした。
    list disk
    select disk 0
    list partition
    select partition 1
    active
    exit
    (注)"list disk"と"list partition"は必須ではないが、実行結果を下記のログファイルに記録するため。

  2. バッチファイルを作成する。以下はスクリプトファイル(scrpit.txt)を「C:\switch\」に置いた場合で、必須ではないが、実行結果を同じフォルダに作成されるログファイル(log.txt)に出力する場合。
    diskpart /s C:\switch\script.txt > C:\switch\log.txt
    exit

  3. バッチファイルのショートカットを作り、そのプロパティの「ショートカット」タブの「詳細設定」から「詳細プロパティ」を開き、「管理者として実行」にチェック。戻って「実行時の大きさ」で「最小化」を選択しておくと、実行時にちらっとコマンドプロンプトが現れることもない(タスクバーには現れる)。

  4. これをWindows 7とWindows 8 CP双方に置く(スクリプトファイル中のpartition番号は当然変えておく)。
以上で、クリック2回(ショートカットの起動とUACの承認)でアクティブを切り換えられるようになる。バッチファイルにOSの再起動コマンドを入れることもできるはずだが、そこは趣味の問題。

ポイントはバッチファイル中のスクリプトファイルの指定方法で、ここはフルパスでないといけない。なぜならコマンドプロンプトを管理者権限で開くと自動的にカレントが「C:\Windows\System32」になるが、バッチファイルを管理者権限で実行したときもカレントは同じく「C:\Windows\System32」になり、たとえスクリプトファイルがバッチファイルと同じフォルダにあってもカレントから見えなくなるので。自分はこれを認識してなくて、少しはまった。