2009/10/27

Intel SSD Toolbox(公開)

Intel天野氏が予告し、Windows 7発売イベントでも話に出していた(Windows 7深夜イベントはゲスト多数 古谷徹に改造バカ、神様、兄貴と総出演)Intel SSD Toolboxが公開された(Intel Solid-State Drive Toolbox with Intel SSD Optimizer Enables Users to Maximize SSD Performance over Time)。

1. S.M.A.R.T.

酷使してきたX25-Mではこんなもの。残念ながら英語だけらしい。
Intel SSD Toolbox on X25-M G1: S.M.A.R.T.

同梱のUser Guideを参照すると、
  • 05(Re-Allocated Sector Count)が1なので、4以上8未満のdefectがあることになる。
  • E8(Available Reserved Space)はパーセント表示で、まだ99パーセント残っていることになるので、余裕。
  • E9(Media Wearout Indicator)は100から1までの値をとるようなので、半分に減ったことになる。1になるともう減らないが、それでも相当量の書き込みができるようなので、実は心配しなくていいのかもしれない。
    3.4.2.9 E9 – Media Wearout Indicator

    This attribute reports the number of cycles the NAND media has experienced.

    The normalized value declines linearly from 100 to 1 as the average erase cycle count increases from 0 to the maximum rated cycles.

    Once the normalized value reaches 1, the number will not decrease, although it is likely that significant additional wear can be put on the device. Use the Normalized value for this attribute.

  • E1(Host Writes)は、65,536セクタ(=32MiB)ごとに1増えるらしいが、見るべきなのはRawの方とのこと。27.54TBということは、E9を調べたときに計算した34.83TiB以上より少ない。
一言でいえば、まだ当分は大丈夫というところか。

2. その他

Management Toolsは、G1はTrimに対応していないので、当然使えない。それはそれとして、スケジュールを組んで定期的に行うものとは思わなかった。
Intel SSD Toolbox on X25-M G1: Management Tools

Diagnostic Scanではとくに問題ないらしい。
Intel SSD Toolbox on X25-M G1: Diagnostic Scan

念のため、現在の状態をCrystalDiskMark(開発中の3.0 Alpha2)でチェック。Windows 7で既存パーティションを縮小し、4GBのパーティション(NTFS)を作成して、実行。

結果はとくに以前と変わったところはない。

0 コメント :